カリブのカーニバルの国! トリニダード・トバゴ ilovetrini.net

夏に聞きたいソカ おすすめ10選

6月 22, 14 • GENERAL, MUSIC VIDEO/OFFICIAL PV, MUSIC-SOCA, SOCA ARTIST BUNJI GARLIN, SOCA ARTIST KES, カーニバルコラムコメントは受け付けていません。Read More »

 

日本の夏をより楽しむために、海やドライブで聞きたいおすすめのソカ代表曲を10選しました。EDMの要素も入ったソカも盛り込んでいます。今年の夏はこれを聞いてビーチヘGO!

1. Haunted/Machel Montano

YouTube Preview Imageソカといえばこの方、トップを走り続けているアーティスト、マシェル・モンターノの2014年リリースの疾走感のある1曲。エレクトロとソカの音がうまく絡み合って気持ち良さ抜群です。

 2.Road Call “calling meh”/Destra

YouTube Preview Image

全てがパワフルでクイーンの名にふさわしい存在感を放つ女性ソカアーティスト、デストラのSWEETでハッピーなグルーヴィーソカ。トリニダードのカーニバルの映像が使用されたMUSIC VIDEOもおすすめ。

3. Spread a little more/Patirce Roberts

YouTube Preview Image

ハスキーな声でどんな楽曲も歌いこなすパトリス・ロバーツの爽やかなソカチューン。おしゃれな彼女らしい上品な曲です。

4. SHIBUYA POP RIDDIM/featuring Micky Rich, Romie,CARNIVAL FLAVOR

YouTube Preview Image

日本人アーティストによる夏にぴったりのソカ リディム、SHIBUYA POP RIDDIMを使用した3曲のメドレーMUSIC VIDEO。アーティストがVIDEOの中で様々な役に扮して登場しています。selector HEMO プロデュース、映像監督は森田一平氏による作品。MICKY RICHの「STREES FREE」はインド系チャットニーソカ リミックスもあるのでコチラも是非。夏が待ち遠しい!
CD: selector HEMO presents ISLANDPOP!!!

5. Where Yuh From/Kes

YouTube Preview Image

ソカ アーティストのイケメン代表、ケスによるアッパーなカーニバルソング。ナオト・インティライミの映画「旅歌ダイアリー」でも登場しました。 太陽と青空の下で聞くべき!
CD: Stereotype (ステレオタイプ) [ボーナストラック収録 / 国内盤仕様] (LMR-001)

6. Catch me/Fay Ann Lyons

YouTube Preview Image

今風のキャッチーな音にトリニダードのアーティストが乗せて歌った歌という感じではありますが、さすがは名実兼ね備えたソカアーティスト、フェイ・アンが歌うとパンチの効いた楽曲に仕上がります。イントロの抜け感がいい具合のEDM+SOCA です。2014年リリース。

7. Leh Go/ Blaxx

YouTube Preview Image

手を挙げて!ジャンプして!カーニバルを楽しむ時間だ!といったエネルギッシュでパワフルなソカチューン。ベテランシンガー、ブラックスの2013年リリースの人気曲。野外で聞くのがベスト!(VIDEOに出演しているのはブラックスご本人ではありませんので!)

8. Palance/ Jw & Blaze

YouTube Preview Image

ソカの鉄板パーティーソング。パランスとは「PArty, Lime ANd danCE」の文字から寄せ集めた造語です。ストレスフルな会社でお祭り騒ぎをしてしまうベタなMUSIC VIDEOも面白いです。プロデュースはパワーソカソングのヒットメイカー、MINMIの「SHA NA NA」のプロデュースも手がけたKernel Robrts。

9. Too real/ Kerwin Du Bois

YouTube Preview Image

2014年のカーニバルで大ヒット、絶大な人気を誇る女性のハートをキュンとさせるカーウィン・デュボワの甘くて切ないWINEソング。トリニダードの名誉あるコンテスト「ソカ・モナーク」のGROOVYカテゴリーにて優勝を飾りました。2014年のカーニバルベストソングといっても過言ではないでしょう。

10.CARNIVAL TABANCA/Bunji Garlin

YouTube Preview Image

ワールドヒット中の「Differentology」の後にリリースした、ブンジーガーリンのカーニバルを名残り惜しむ1曲。ピアノが夏の終わりの寂しさと重なると染みてきます。楽しかった夏からクールダウンしたいときに。SOCA GOLD 2014にも収録。
CD: Soca Gold 2014

(SELECTED & TEXT BY MIMI)

上記の中でiTunes Storeで購入できる曲

youtube 再生リスト

LINEで送る

Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

Comments are closed.