早いもので8月も半分過ぎ去ろうとしていますが、実は今月はSteelpan Monthとなっており、Steelpanのイベントが目白押しなのです。新型コロナの影響でこの3年間はリアルでのイベントができなかった為、それを埋めるかのように毎日トリニダードのどこかでは大きなイベントが行われているという状況です。

そして、その核となるのが8/11のWorld Steelpan Dayです!!

この日はThe World Steelpan Thrustという非営利団体の発足時に発案され、2020年より運用されています。目的としてはTrinidad and Tobagoの国の楽器、スティールパンとその背景にあるものを世界に知ってもらい分かち合う為とのことです。

 当日はトリニダード・トバゴの文化博士で、スティールパンの惑星の作者であるキム・ジョンソン氏の講演を目玉とし、沢山のPannist達の演奏、有識者によるスピーチなどが行われました。

 「Steelpanはトリニダードトバゴに与えられた世界へのプレゼント」という事でこれからこの素敵な音色がますます世界に響き渡るといいですね!

 微力ながら、私も“Pan Max Pan Groove”の演奏に参加させていただきました。

演奏をアップしましたのでお楽しみください♪